管理している会社を変える必要性

マンションを管理している会社を変更することは稀ではなくなってきています。マンションは管理を購入しろと称されるくらい、管理の重要度がアップしてきているためです。一方、現時点の管理している会社に対してフラストレーションを持っていて変更したくなろうと、まず第一にひとたび立ち止まって考慮すべきこともあります。それは本当の意味で変更すべきかを洗い出すことです。実際のところ、長年にわたりフラストレーションが溜まっているケースで、現実的には誰一人として改善を管理している会社に働きかけていない場合があります。委託費が高額だったり、フロントマンに対して満足していない場合は、文書を利用することによって管理している会社の方へ問い合わせましょう。それでも良くならなかったり、元々交渉余地がないくらい関係がこじれているケースは、変更することになります。

見直しのの流れで一番最初にすべきこと

スタンダードな見直しの手続きの流れで、初めにすべきことは欠点を調べあげることです。理事会が全会一致の手続きでチェンジを確定したとしても、あとから住居者に案内したり、総会において議案にするために欠かせないプロセスになります。その後いくつかの管理会社に声かけをスタートさせます。現地調査をしてもらって、確かな見積書を作り上げてもらいましょう。凡そ現地調査より2から3週間後に提案書と併せて見積書が手元にくるはずです。そのあとは提案書それから、見積もりをベースにして管理会社の決定の手続きをスタートさせます。

具体的な見直しの一連の流れに関して

管理している会社サイドよりプレゼンテーションが施されます。留意しなければいけないのはマンションが持ち合わせているトラブルに対してどういった回答を示してくれるかです。1社へと絞り込める迄、納得の行くプレゼンテーションをしてもらいましょう。1社へと内定を出した場合、総会開催日を決め、総会議案書を作り出します。新たな形での業務委託の中身も確立することになりますので、ディテールを詰めるための必要な作業も求められます。これに関しては同時に、新たな形での管理会社のバックアップ体制を知る良い機会でもあります。さらにほぼ確定した管理会社サイドから重要事項説明会において契約の中身の案内をしてもらいます。これに関してはマンション管理適正法によりまして定められたプロセスになります。その後に、臨時総会において決議します。過半数の賛成によって可決されることになります。それから後は現行の会社に対して解約を知らせし、新旧間で引き継ぎを敢行すれば完了になります。

マンション入居者の方に今までよりも快適で便利なマンションライフをご提供させて頂きます。 他社との違いは分譲マンションの管理に加え、賃貸マンションやビル等のあらゆる管理を請け負う会社だということです。 定期的な劣化診断と修繕計画をご提案します。 私どものターゲット層、それは従来のマンション管理だけではなくあらゆるお悩みやご要望をお持ちの皆様全員です。 マンションの管理会社の変更をお考えなら株式会社ライフサポート西洋

ピックアップ記事一覧