総会で相談しマンション管理会社を変更するメリットとデメリット

安心感をもって生活できるようになります

マンション管理会社を変更するメリットとしましてスムーズに住むことができる点があげられます。今現在の管理している会社に対してのフラストレーションのある方は痛切に感じていると思われますが、管理会社の対処は、住み易さに影響を及ぼします。ゴミ捨て場は衛生的にキープされているか、或いは共有スペースのお手入れや水回り点検、さらにエレベーターはセーフティーかなど、管理がずさんだと悪化してしまいます。実力を発揮できる会社にまかせると、不必要な心配をしなくて済みます。マンション自体が、ずさんな管理を営んでいる会社に委託すると、景観を破壊するだけでなく、住居者との関係悪化によりまして不愉快な空気が流れます。さらに、会社が頼りないと住居者間での解決が求められるため、問題そのものが深刻になり易いです。管理の実務担当者の挨拶も、ムードを明るくするのみでなく、犯罪防止策にもなるので重要です。

コストカットと円滑に管理が進行できます

マンション管理会社変更に因る、明らかなメリットとしましては、管理コストの削減があります。しかしながら、並はずれて安い場合、どうしてリーズナブルなのかを把握し、サービスのレベルに納得できる範囲なのかの見極めを誤らないようにする必要があります。修繕計画の再検討を行ない、大きく管理に対する費用をカットできたマンションも見受けられます。また、総会で決定付けられた物事がスピーディーに進むようになることもあります。管理会社の対処は、多種多様です。実務担当者が理事会の協議に加わってくれくれるのかどうか、その間隔などもまちまちです。理事会のカラーに合う会社に変更することで、以前よりも、総会で相談して確定したことが円滑に進むでしょう。

変更する上で留意すべき点に関して

管理に関する費用は月ごとの家計にのしかかる非常に重要なテーマです。しかしながら、快適に過ごせる環境をキープするために払っている管理費用を抑制することは、リーズナブルにする代わりに妥協可能な点があるのか否かをきちんと理事会で意思の疎通をはかっておくことが大切です。管理している会社が初めに多めにマージンを取るケースがありますので、一まとめにしてはいえませんが、低く抑えたいというだけで管理している会社を変えるのはリスクがあるかもしれません。それに加えて、見積もりを持ってきたりプレゼンテーションや相談するのは、営業マンですが、現実に管理そのものがはじまるとその相談していた営業マンではなく、管理担当者が別にいることが一般的な方法です。管理している会社を決定する最終段階で、管理担当者と面談を実施するか、理事会に来てもらえるように対話をしてみましょう。

ピックアップ記事一覧