マンション管理会社の変更で得られるメリット

管理に要する委託費をカットできます

分譲時より、マンション管理会社に対しての委託費、あるいは内容に関して、カットの交渉やサービスの中身の改善を行ったことがないケースでは、相当な割合で、会社を変更することによって削減ができます。なぜなら、分譲時にはもうすでにデベロッパーの傘下の会社或いは系列会社が決定されているため、前もって作成されている委託費そのものがとても高いケースが少なくないからです。さらに、委託費のカットのみならず、現行の内容が正解なのかどうかもチェックができます。

現行の委託項目の額や仕様が適正かチェックできます

委ねている項目、あるいは仕様に関しまして、見直しをしたことないケースが少なくありません。非常に多くの管理組合に関しましては、分譲時より管理する会社へ委ねている項目の金額、或いは仕様につきまして、再確認を実行したことがないと考えられます。そのため、会社を変更する事が無くても、異なる会社に対してマンションの状況を鑑定してもらう際に、現時点での委託項目の額、あるいは仕様が適正なのかどうかをチェックすることができます。

管理のクオリティーが上がります

マンション管理会社を変更することを通して、委託項目の仕様が妥当なのかどうかチェックすることができます。然るべき仕様となっていれば、マンションにフィットした清掃、あるいは必要な設備のメンテナンス等をきちんと実行できるので、自然と管理のクオリティーが向上すると考えられます。仕様のみならず、会社変更の時に、管理費、あるいは修繕積立金の収支のバランス状態が適正かどうかもチェックしてくれるので、収支のバランス状態において問題があるならば善後策を示してくれるはずです。しかしながら、金額のみでチェンジすると、管理のクオリティーが下がることが考えられます。見積を複数業者より取って対比させた際、あらためていうまでもなく、価格が一番低い管理会社は魅力的に感じます。だれしもショッピングをする時は、リーズナブルな商品に目が行きますので、管理に関しても低コストを望むのは当然といえます。しかしながら、会社のサポート業務の中身をしっかりと理解せずに、一番低いところで良いと金額のみで確定してしまうと、委託費は低価格になったけど、管理のクオリティーも下がったという結果を招きます。安物買いの銭失いというような管理になってしまうことがないよう、気をつける必要があります。

ピックアップ記事一覧