マンション管理会社を変更するメリットと注意点

管理委託費のカットが実現できます

マンション管理会社を変更することは、たくさんのメリットがあります。分譲時より管理委託費用、あるいは項目に関して、カットの交渉、あるいはサービスの中身の見直しを実行したことがない場合、相当の割合で変えることで委託費の削減ができます。その理由は、分譲する際にはもうすでにデベロッパーのグループ会社もしくは関連会社が管理するとして確定されているため、スタート時に設けられている管理委託費が非常に高いケースが多いためです。加えて、管理委託費のカットはもとより、現行のバージョンがいいのかどうかもチェックすることができます。物件購入時において管理している会社を選択することはできませんが、入手後は自由自在に変えることができるので様々な管理の会社を確認することが重要です。さらに管理している会社を変えることは、物件の所有者の管理意識改善にも寄与します。

管理のクオリティーが引き上がります

管理している会社を変えることで、管理委託項目のバージョンが妥当なのかどうかチェックすることができます。計画性のある仕様にすれば、建物にフィットした清掃、あるいは必要な設備のメンテナンス等をしっかりと実行できるので、自ずと管理のクオリティーが上昇に向かうでしょう。仕様のみならず、管理している会社を変える場合に、管理費、あるいは修繕積立金の収支のバランス状態が適正なのかどうかもチェックしてくれます。なので、収支のバランス状態に難があるようであれば善後策などを示してくれるはずです。

変える場合の注意すべき点に関して

マンション管理会社及び管理組合間では、個々の取り決めを取り交わしていることがよくあります。その結果マンション管理を別の会社へ委託をした場合、個々の取り決めを持続することが困難を伴います。時と場合によっては管理に対して悪影響をもたらすこともあるので頭に置いておくようにしましょう。それに加えて、管理している会社の変更がいままで一回も行なわれていないというようなケースで、変えると居住者、あるいは物件所有者が管理会社に対して不安を抱いてしまうかも知れません。徐々にマンション利用者数が減ってしまうこともあるので、変えることを考慮している場合はまず第一にアンケートを実施しましょう。なるべく安定して管理を継続していきたいケースでは、変更を保留しておくことも効果的な手段です。変更によって委託費が減少する代わりに管理のクオリティーが低下することもあり得ます。管理会社の選定は細心の注意を払って進行していく必要性があります。

ピックアップ記事一覧